Loading...
イベント情報東京シーシャ物語

水たばこのある生活|海辺でウクレレ×シーシャ

遠くで8尺玉が炸裂する。微かに振動が伝わってくる。
寄せては返す波の音が聞こえる。

蝉の鳴き声も聞こえなくなった晩夏。湘南。

海辺を覆う暗闇の片隅で、軽快なれど胸を擦る旋律と紫煙に包まれる。
ー朝日を待ちながら…

恋の終わりは夏の終わりの足音とともに訪れた。
秋の始まりは、新たな恋の予感とともに訪れる。

夜と朝の
夏と秋の

ー狭間ー

2017年8月末。

ATAR SHISA × SHIN from ninja beatsの
海辺でウクレレとシーシャを楽しむイベントに顔を出した。

海辺オールナイト!8/25はウクレレ&シーシャで #海チル

異国を訪れたかのような不思議な香りで満ちた空間に
軽快な、しかし胸を引っ掻くような旋律が漂っている。

日本人もいれば外国人もいて、ダンサーもいればDJもいて
ひたすらシーシャを吸う人もいればウクレレを弾く人もいる
そんな不思議な場所。

こうして夜が更けていった。

太陽が昇る頃。皆で海に繰り出して、シーシャを吸いながらウクレレに心を乗せた。


晩夏の早朝、誰もいない海、まさに上り始めた太陽、漂う香りと旋律。

幾重にも折り重なった空は、重なりのたびに違う色を染み込ませている。

何を思うでもなく、ただこの瞬間を全身で記憶した。

共催:SHIN from ninja beats
協力:SHISHA PRO JAPAN / シーシャラウンジ ~香楽~ / 百瀬畳店

イベントなど企画の情報はこちらから

公式LINE@←確実!!

Instagram
Twitter
Facebook

Keep In Touch !!!

Youtube動画

long ver

short ver(おすすめ)

 

Author: Yuki Tokoi

シーシャ文化研究家、アータル創設者、空手道松濤流初段。水戸第一高等学校卒業後、上智大学法学部へ進学。丸の内の大手HR企業へ入社予定。在学中はwebサービスの立ち上げや地方創生、サードプレイスに係るハンズオン支援を行う。また、文部科学省主導による官民協働プロジェクトを利用し、産業界からの支援で1年間マレーシアに滞在。NASAやマレーシア政府機関、教育機関と協働して産業振興に係るプロジェクト創成に携わった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアータル 水たばこライフスタイル創造団体をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Editor's choice
シーシャと友達
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。