Loading...
インタビュー

チルイングループ代表インタビュー #3日本を水たばこ先進国へ

アータル|オーナーズインタビュー

空前のシーシャブームに湧く日本。
このブームの最前線で店舗を展開するオーナー・店長達。
自身の店舗展開について、どのような視点で、なにを目指しているのか。
様々な視点から、独自のシーシャ経営論をテーマにインタビューを行う企画。

 

アータル|オーナーズインタビューvol.1

チルイングループ代表 日本を水たばこ先進国へ

 

シーシャの認知度が高まり、以前より「シーシャ / 水たばこ」という言葉を耳にする機会が増えている。シーシャが日本社会で嗜好品として市民権を獲得しつつある中、東京では毎月のように新店舗が出店し、過去2〜3年で見ると店舗数が3倍増という急成長ぶりである。まさに今、空前のシーシャブームが到来している。

シーシャという特殊な商材を扱うにあたり、業界は全体として適切な事業モデルを模索している最中である。そんな中、都内のターミナル駅や六本木・麻布エリアに出店する水たばこ / シーシャ専門店「チルイングループ」は、シーシャ提供のオペレーション平準化をはじめ、年齢確認の徹底、人事制度や福利厚生、デジタルマーケティングなどの点で業界を先駆けている。そんな「チルイングループ」の「ぉスギさん」こと、杉山社長に、シーシャ(水たばこ)専門店開業の経緯から、業界の展望についてまで幅広く話を伺った。

 

 

前回記事はこちらから!

チルイングループ代表インタビュー #2日本を水たばこ先進国へ

 

 

#3 マーケティング強化策|アプリ開発とYoutubeへ

 

#3-1 チルインアプリの開発で顧客管理体制の強化

Q:SEOやSMOはどのように行なっているか

Twitter の個人リプとか返信とかは、あまりやらないようにしている。その代わり、LINE@を使うように。

今うちでやろうとしているのは、もうアプリを作っちゃおうと。アプリを通してサービスを受けられるし、こっちとしても顧客の来店頻度を把握できる。

うちって年間で13万来客くらいなんだけど、13万人も当然お客さんっていなくて、むしろユニークユーザーは1万人切ると思っている。新規客ってのも年間そのうちの1割もいない。

月に1回ぐらい行ったら飲食店で常連扱いなんだけど、月1で水たばこ屋なんてざらじゃん。なんなら週1とかもざらじゃん。もっと言えば日に2回来るとか週に5回来るとかあるじゃん。

そういったお客さんの動向を把握するにはもう肌感じゃ無理。POSレジでも顔わかんないし、会員カードみんなスルーされるし。そうであれば、アプリ入れてしっかり動向確認できるようにするしかない。

SEOにしても新規来店にエネルギーを傾けるのか、既存客のリピート獲得にエネルギーを傾けるのか、費用対効果をしっかり見て、キャンペーンとか、特典をつけることでやるのか、というような舵取りをするためには、もうアプリを入れるしかない。それでも100%は把握できないけどね。

マーケティングに関してはそうやって顧客管理をしていて、効率的な広告宣伝をやっていきたいな、と思っている。

SNS関係もコンサル入れてるんだけどうちは。SEOの対策も結構な金額でやったりしていて、いくつかの意図を持っている。

まずはいろんな人の目に止まって、本当に水たばこを知らない人を啓蒙するという意図で。あとは水たばこを知った人に対してうちをアピールするっていう意図。そしてうちの店をリピートしてもらう。このそれぞれに対してやってる。

採算取りにいくのなら、物販やるのが強いんだけど、正直ちょっとどこまで手を出すかっていうのは検討中。理由は単純に面倒くさい。すでに物販やってくださっている方々には頭が上がりませんよ。みなさんのおかげで業界の発展につながっていると思うので。

 

#3-2 ぉスギさん、Youtube進出か?

Q:オンラインでの露出について他に何か考えていることは

これからは、本当はやりたくなかったけど YouTube とか動画とかやっていかなければいけないのかなーって思っている。

まあそうなるともう、身を削って叩かれるの覚悟で、おれが出るのしかないのかなーって思うので、今すごい萎えているところですね。(笑)やっぱ女の子のスタッフを出すのはわけにはいかないし。おれが可愛い女の子だったら良かったんですけどね(笑)

それをやる上では、水たばこは所詮と言うか嗜好品なので、ポジティブな伝え方に終始して、こんな楽しみ方があるよねっていうような話しかしちゃダメかなーって思う。だって、結局は好みの問題なんだもん。おれが嫌いなフレーバーでも、誰か好きな人はいるに違いないんだし。

 

Q:全店のシーシャ機材を変えたようですが、その意図は

今の流行は軽い煙。本当にリーディングカンパニーとして新規顧客を業界に入れていきたいっていうのもあって、流行の煙にチェンジしたの。

個人的には、昔の煙の方が好きなんだよね。濃くて、強くて、タバコっぽくて。ベイプとの差別化って意味でもね。煙強めの方が水たばこって、こうだよね! って。

いまのタイミングで機材の転換したのは、単純に流行を追ったっていうだけではなくて、うちの経営方針とか業界内の位置付け的な意味もあるのよね。吸いが軽いパイプにして、自社開発で機材を全部作って、だからこういう味になるんですよって機材を作った。

トータルで、小さなお店なら一軒できちゃうくらいのお金かかったけど、提供価格はもちろん据え置き。完全に未来への投資だよ。

それもマーケティングであり、今後広げていくために必要かなと思ってやっています。

ファーストシーシャをウチで吸った人が、とっつきやすいように。

 

#4 驚くほどにホワイト|最高水準の労働環境を目指す

チルイン グループ代表インタビュー #4日本を水たばこ先進国へ

 

 

最新シーシャ屋専門店マップを公開!

 

当メディアでは積極的に水たばこの店舗情報・関連のイベントを取り上げて参ります。店舗やイベントを企画・運営する業者様、個人様はSNSからお気軽にご連絡ください。

広告掲載希望の業者様・各種ブランディングやPRに関するお問い合わせも、媒体資料をお送りいたしますので以下の連絡先からご連絡ください。

メールアドレス:atar.sophia@gmail.com
Twitter:アータル 水たばこライフスタイル創造団体
Instagram:アータル 水たばこライフスタイル創造団体
HP : https://atar.themedia.jp/

Author: Shota Jinushi

上智大学法学部卒|外資系総合広告代理店勤務
在学中に全国最大級のストリートダンスサークルの代表を務め、全国大会準優勝
現職では、グローバルディスティネーションキャンペーンを担当。
またストリートカルチャーへの深い理解からカルチャーハッカーとして活動中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアータル 水たばこライフスタイル創造団体をフォローしよう!

Editor's choice
シーシャと友達
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。