Loading...
シーシャについて

シーシャって何|部位説明:煙をろ過し、マイルドにする「ボトル」

ボトルの画像|adobe stock

フレーバーが燃焼した際に生じる煙が溜まる部分で、タバコでいう「フィルター」の役割を果たす水を入れます。

ボトルの中の水に煙を通すことで、煙がまろやかになります。

水の量は好みで調整可能ですが、少なすぎると煙が十分に濾過されずスムーズに煙を楽しめません。

一方で、水が多すぎると煙を吸い込む際に力が必要となり、ちょっと疲れてしまいます。

より深い味を楽しむため、ボトルの中身を「ラム」や「ワイン」、「フルーツジュース」にする人もいます。冷たい煙が好きな方は、氷を入れる場合もあります。

フレーバーとの相性を見て、いろいろ試してみましょう。

ボトルの素材は主にガラスとアクリルです。アクリルは匂いが残りやすいので家使いであればガラスをオススメします。

しかし非常に洗いやすい設計で、匂いが残りにくいアクリルボトルもあります。持ち運びに便利なのでアクリルボトルのシーシャも持っておくと良いかもしれません。

ちなみに、よくシーシャ初心者の方に聞かれますが、ボトルの水は減りません

Author: Yuki Tokoi

シーシャ文化研究家、アータル創設者、空手道松濤流初段。水戸第一高等学校卒業後、上智大学法学部へ進学。丸の内の大手HR企業へ入社予定。在学中はwebサービスの立ち上げや地方創生、サードプレイスに係るハンズオン支援を行う。また、文部科学省主導による官民協働プロジェクトを利用し、産業界からの支援で1年間マレーシアに滞在。NASAやマレーシア政府機関、教育機関と協働して産業振興に係るプロジェクト創成に携わった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアータル 水たばこライフスタイル創造団体をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Editor's choice
シーシャと友達
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。